新型コロナウィルス感染症予防対策について

 本ページの内容は、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」や

 厚生労働省の「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」等の趣旨に沿って

 記載しておりますが、今後の状況によって変更となることがあります。

<受験者の皆さまへ>

試験当日の来場前に以下のチェックを行っていただき、該当する場合は来場・受験を

ご遠慮ください。

・いつもの体温に比べて発熱がある。(当日の朝、自宅にて必ず検温すること)

・食事の際、味やにおいがしない など嗅覚・味覚異常がある。

・咳・のどの痛みなど風邪に似た症状が続いている。

・新型コロナウイルスと診断されている人との濃厚接触の有無。 

・同居する人が以上の項目にあてはまる 。

試験当日の会場でのお願い

・検温の際に、体温が37.5度以上の方は受験をお断りする場合があります。

・会場内ではマスクを着用してください。(マスクはご自身でご用意ください)

・会場内では換気や空調の 使用をおこないますので、寒暖の調整ができる服装でお越しください。

・会場内では手洗いやアルコール消毒をおこなってください。

・飛沫飛散防止のため、会場での私語は極力ご遠慮ください。またソーシャルディスタンス

 にご協力ください。

 

<受験者の皆さまへ>

検定会場に来場するすべての受験者・試験監督スタッフは以下対策をおこなっています。 

・マスクの着用 。(ただし熱中症予防のため、周囲に人がいない時は外していただくことも可能です) 

・来場時の手指の消毒。(会場入り口付近に消毒液を設置しています) 

・試験会場内では試験時間中を含めて換気や空調の使用をおこないます。